市民開発者養成科 連載③ #101期

2021年6月12日

先日、ハローワーク呉の窓口の方からご質問を頂き、回答させて頂きました。ここでもその内容について記載しておこうと思います。

募集要項の対応職種欄には、「ファーストラインワーカーほか、あらゆる事務系職種」と記載しています。この“ファーストラインワーカーとは?”というご質問でした。

直訳すると“現場職”といったことになるでしょうか?
デスクワークに就く事務系職種を“オフィスワーカー”と呼ぶのと対比して用いられる言葉で、Microsoftの造語のようです。

リンク: 現場の最前線で活躍する従業員(ファーストラインワーカー)の働き方改革をご支援する取り組みを開始

記事では、店舗、流通、建設、製造、病院などの現場の最前線で活躍されている従業員の皆さま(ファーストラインワーカー)と表現されていますね。

同義語に“フロントラインワーカー”という言葉もあります。

リンク: 成功はフロントラインワーカーが下すデータドリブンな意思決定にかかっていると90%近くの企業が回答していることを新たなレポートが発表

顧客に直接対応し、サービス提供や商品の販売をする“現場職”や、商品の製造や流通に直接携わっている“現場職”が、意思決定ができる力を持つことで組織が競争優位となるので、現場職がテクノロジーを身につけることが重要だと書かれていますね。

実際に、データを集め扱うのはこうした現場で働く方々です。

現場の業務を熟知していて実際に手を動かす人がアプリを作成し、データを集め扱えるようになると生産性は向上します。

訓練で学習するアプリ作成ツールPower AppsPower Appsを使い始めた人が、あるサイトに投稿した記事をキャプチャします。


Facebookグループ“Japan Power Apps User Group”より
投稿者は、開発職ではなく介護職の方です。施設利用者のバイタルやケアの内容を記録するアプリを作ろうとされています。

実際に現場のオペレーションをする人がアプリを作成し、業務に活用して改善していくわけですから、現場にフィットしたものや改善につながるデータの収集が可能な成果物になりそうですね。

こうした、アプリを作成する現場職の方を指して【市民開発者】と呼んでいます。

現場職や業務部門が簡単な【市民開発者】として簡単なアプリを作成し、開発職や情報部門は【プロの開発者】として高度なアプリの作成にシフトする。

また、プロの開発者は、市民開発者により良いアプリ作成のアドバイスをしたり、作成されたアプリの管理をしたりする。

こうした市民開発者とプロの開発者の協働が、DXを推進していくのでしょう。

市民開発者養成科は、開発職を目指すコースではありません。
ファーストラインワーカーや事務系職種として仕事に就き、業務のデジタル化を図り、仕事の質を高めて行きたい方にオススメしたいです!

  

PAGE TOP