失敗が許される学習環境

2020年6月28日

さて、今日は職業訓練だからこそ出来ることについてお話します。

ビットゼミが学習環境を作っていくうえで大切にしていることが3つあります。
うち1つめはいつか書いたと思いますので、今回は2つめ。

「失敗が許される学習環境」についてです。

職業訓練での学習課題において「失敗」というものはありません。それを失敗を捉えるなら、ココで沢山しておいた方が多くの訓練成果が得られます。

あえて言うなら、挑戦しなかったことだけが失敗でしょうか・・・。

社会に出ると失敗にはリスクが伴います。顧客、同僚、上司などに迷惑が掛かります。

訓練では誰にも迷惑は掛かりません。挑戦する姿勢は拍手で歓迎したいと思います。

苦手なことなどは失敗を恐れる気持ちが強くなってしまい、回避するバイアスも生まれますから、克服する機会は遠のいてしまうものです。

かといって、そこから逃げ続けることもできませんし、正面から捉えなおしてみると、意外に「敵は小さかった」ことや「実は味方だった」ことに気づくことがあります。

ビットゼミは、職業人生は自己成長の軌跡と捉えています。

本当は、人生の構成要素すべてが人間的成長のためにあるのかもしれませんが、結婚や出産、恋愛などはしなくても生きてけるのでこれらは選択科目で・・・。
(恋愛なしでは生きていけない方もいるかもだけど・・・。)

仕事だけはしないと生きていけないわけで、そこから学ぶべき必修科目なのかも・・・。
(そうでもしないと向き合わない課題ってことかな・・・。)

前職を辞めたのは、そこでの成長期間を終えたから!そこで頂いた克服課題は次の職場か職業訓練の場で克服すべきだと、私どもは考えています。

失敗が許される学習環境は、壁を越えやすい環境です。

ココでたくさんの方々に次のステージに進んでいただきたいと考えています。
一緒に挑戦しましょう!

  

PAGE TOP