企業概要・沿革

これまでの経験を生かし、
時代に合わせたスキルの習得を目指します。

会社概要

商号 株式会社ビットゼミ
本社所在地 広島県広島市中区鉄砲町7-4
主な事業所 広島県広島市中区鉄砲町7-4
設立 1949年5月
資本金 2,800万円
代表者 代表取締役 吉田 豪
事業内容 ITリテラシー教育事業
就職支援・キャリア支援事業

沿革

1949年
5月
家電パーツ販売として山住電機株式会社を創業。
1960年
広島県庁、三菱重工、国鉄、東洋工業、中国電力、電電公社など職域販売の雄として確固たる地位を築く。
社員数60名以上、資本金2800万円までに成長。
1970年
第一産業(現デオデオ)とともに日本家電大型店協会に加盟し、
県内第3位の家電販売店となる。
1989年
4月
家電店の販売形態が職域販売から店頭販売に移行したため、
家電販売を(有)ヤマズミに委譲し、パソコンスクール専業に業種転する。
1991年
5月
ジャストシステム公認トレーニングセンターに認定される。(中四国初)
12月
日商ワープロ検定会場に認定される。
1992年
5月
ロータス公認トレーニングセンターに認定される。(中四国初)
1994年
12月
管理工学研究所公認トレーニングセンターに認定される。(中四国初)
1996年
4月
オートデスク公認AutoCADトレーニングセンターに認定される。(中四国初)
ATC協会技能認定試験の試験会場に認定される。(中四国初)
6月
マイクロソフト・ソフトウェア教育普及協会(現サーティファイ)の
試験会場に認定される。
1997年
4月
広島経済大学非常勤講師2名就任 「情報処理演習」開始
後に、学生による経大職員評価にて評価度上位5位を占める。
6月
マイクロソフト公認スクールに認定される。
9月
Microsoft Official Trainerコース開講
多くの卒業生が市内のスクールでインストラクタとして活躍。
1998年
4月
Microsoft Office Specialist試験(旧称MOUS試験)検定実施会場に認定される。
以降、年間500名超の合格者を輩出する。
1999年
4月
広島経済大学にて課外講座を開講する。
5月
安田女子大学にて、大学構内にビットゼミ安田校を開校する。
10月
教育訓練給付制度にて厚生労働大臣の指定を受ける。
MOT養成コース,Word・Excel中級コース、Accessコース,CADコース等
2002年
1月
NHK広島文化センター提携講座の指定を受ける。
10月
広島市主催のIT講習を受託する。(五日市校、大町校)
2003年
1月
VUEのテストセンターとして認定される。
6月
比治山大学にて、大学構内にビットゼミ比治山校を開校する。
8月
広島修道大学にて課外講座を開講する。
雇用能力開発機構から職業訓練講座を受託される。
2004年
7月
広島県高等技術専門学校からCAD実務マスター科の講座を受託。
8月
雇用能力開発機構より若年者教育の講座ITインストラクタ科の講座を受託。
終了時アンケートにて満足度100%(広島初)の結果を得る。
3ヵ月後の就職調査にて就職率100%(広島で2件目)の結果を出す。
2005年
10月
広島県高等技術専門学校からITオフィス活用科を受託し、
同校受託校中就職率No.1の結果を残す。
12月
雇用能力開発機構よりITオフィスマスター科を受託し、
2年度連続で就職率100%の結果を出す。
2006年
4月~12月
雇用能力開発機構よりITオフィスマスター科、ITインストラクタ科、ITオフィス経理科、ITオフィスマスター科の4コースを受託、実施する。
広島県高等技術専門校より初の6ヶ月コースを受託、実施する。
2007年
1月~12月
雇用能力開発機構よりITオフィスマスター科③コースとITインストラクタ科、計4コースを受託、実施する。
広島県高等技術専門校よりITビジネス活用科を受託、実施する。

PAGE TOP